昨日、都庁で行われた「緑で地球温暖化防止-みどりのまちづくりに参加しよう」というフォーラムがありました。

社団法人 東京のあすを創る協会が主催者で、前半は東農大の進士前学長による講演、後半が進士教授、野本校長先生、都環境局課長、府中のNPO法人代表の4名によるパネル・ディスカッションでした。
野本先生から和泉小での芝生化と児童へのプラス効果について報告され、グリーンプロジェクトの役割、地域住民の協力が重要であることなど発表されました。進士教授からも和泉小で芝生を環境教育の学習プログラムに組み込んだことを評価する発言がありました。
府中のNPOでは地域農業のサポートや田んぼ体験などに子どもたちを連れていくという活動をしており、代表の方は6-7年前に和泉小にも来られたことがあるそうです。

1人1人がまず身近なところから行動を起こして行こうという結論でフォーラムは終了となりました。

みどりのまちづくりに参加しよう
みどりのまちづくりに参加しよう

みどりのまちづくりに参加しよう
みどりのまちづくりに参加しよう

東京のあすを創る協会:
http://www.ashita.or.jp/tokyo/events/bulletin.html
エコービープル:
http://www.eco-people.jp/lobby/2009/10/post-110.html
京セラソーラーコーポレーション:
http://www.kyocera.co.jp/eco-tokusolar/event/detail.php?id=71