今年はガリレオが望遠鏡作り宇宙を眺めて400周年ということです。7月には和泉小で日食を観察しました。

昨日は、おとなり新泉小で「月と星をみる会」が行われました。台風も通り過ぎ昼間はきれいな青空が広がっていました。夜は校庭での観測もばっちりでしたね。

昨日の月は半月と1日で、月の下側に明るく光る星が木星です。肉眼でも見えたので帰り道などに見た方もいらしたかもしれません。

杉並区の科学館の方の説明のあと、校庭で順番に天体望遠鏡で月と木星を観察。月のクレーター、木星とその衛星も観察できたようです。望遠鏡で夜空を観察する機会は少ないと思うので、大変貴重な体験になったと思います。

月と星をみる会
月と星をみる会