二十四節気(にじゅうしせっき)では明日(3/5)は、啓蟄(けいちつ)、「冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる」とあります。だんだんと暖かくなってきました。

校庭の芝生は、昨年の秋(10/13)に冬芝(ペレニアルライグラス)の種まきをして、寒い冬を元気に乗り越えました。今日(3/4)も、きれいなみどりを保ってます!

啓蟄(けいちつ) →
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/faq/24sekki.html

冬芝の種まきから3週間程経った頃のようす →

11/5の芝生のようす