神田川沿いの木々はだんだんと色づいてきています。

10月の2週目に行われた冬芝(ペレニアルライグラス)の種まきから3週間程が経ちました。定期的な芝刈りを行うことで、葉が2枚、3枚と分かれ、茎も太くなり、丈夫な芝生に育っています。養生期間も、あと1週間ほど。芝生のエリアで遊べるのが楽しみですね!

芝生の校庭
すごく良い状態に生育しています。芝生エリアの全面でみどり色がとても鮮やかです。

芝生の校庭
近づいてみると、葉が3枚に分かれている様子が観察できます。

芝生の校庭
今日は短辺方向に芝刈りを行ったようで、先日の長辺方向と、今日の短辺方向の芝生の模様がクロスして美しいですね。


冬芝ですが、下の写真のようにペットボトルを加工したプランターで育てることもできます。芝生の育つようすが観察できますね。

完成!
ペットボトルを加工してプランターをつくります。

ペットボトル芝生
冬芝の種をまいています。

ペットボトル芝生
種まきから4週間ほど経つと、葉が4枚に分かれているようすが観察できます。
定期的に芝生の先端をカットすることで、葉が分かれ、茎も太く、丈夫な芝生になります。

ペットボトル芝生
種まきから4週間ほどで、こんなに立派な芝生に成長します。