10月の2週目に行われた冬芝(ペレニアルライグラス)の種まきから2週間程経ちました。冬芝の芽が揃い、密度も濃くなっています。
しばらくの間、校庭の芝生のエリアは、養生期間となるので入ることができません。一ヶ月ほど経つときれいな緑の校庭になります。たのしみですね。

芝生の校庭
冬芝が、芝生エリアの周辺まできれいに揃ってきました。

芝生の校庭
芝刈りが行われたようで、芝生にきれいな縞模様が現れてます。

芝生の校庭
3~4cmほどに成長しています。


冬芝ですが、下の写真のようにペットボトルを加工したプランターで育てることもできます。芝生の育つようすが観察できますね。

完成!
ペットボトルを加工してプランターをつくります。

ペットボトル芝生
冬芝の種をまいています。

ペットボトル芝生
芝生が伸びてきたら、3~4cmほどに刈り込みをおこないます。
定期的に芝生をカットすることで、丈夫な芝生になります。