今朝(10/31)は、厚い雲に覆われています。神田川沿いの木々の色が変わってきました。
校庭の工事が進んでいるようです。あたらしい校庭はたのしみですね!

芝生の校庭

芝生の校庭


旧和泉小では、運動会が終わると、校庭に冬芝(ペレニアルライグラス)の種を蒔きます。一週間ほどすると小さな芝生の芽がでてきます。
芝生を育てている養生期間は校庭に入れません。その間、子どもたちはペットボトルの容器でプランターを作り、芝生の種を蒔き、芝生が育つ様子を校庭とペットボトルのプランターの両方でで観察します。
種を蒔いてから3週間もすると、校庭はきれいなみどり色におおわれます。その間、芝生を丈夫に育てるため、数回、芝生を一定の長さに刈り揃えます。

ペットボトル芝生

芝生の校庭
注:写真は過去のものです


こちらは、昨年(2014年)の11月1日の芝生の校庭のようすです。10/13の週に冬芝(ペレニアルライグラス)の種をまいてから、2週間ほど経ちました。


校庭の芝生